サービス例2.社外情報のマーケティングへの利用編

例2.社外情報のマーケティングへの利用編

目次
1.はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
2.マーケティングにおける社外情報の価値の向上・・・・・・・・・・2
 2.1.マーケティングにおけるパラダイムシフト ・・・・・・・・・2
 2.2.高成長期と低成長期のマネジメント属性の比較 ・・・・・3
 2.3.高成長期と低成長期のマーケティング属性の比較 ・・・3
 2.4.低成長期のマーケティング機能 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
3.社外情報のマーケティングへの利用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
 3.1.マーケティングへの利用データの種類 ・・・・・・・・・・・・・8
 3.2.政府及び政府関連機関が提供するデータの紹介 ・・・・9
 3.3.家計調査データの利用事例 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10

市場への供給が需要を大きく上回る状況を呈している。このようなビジネス環境において、マーケット(シェア)を拡大するために大事なことは一体、何であろうか。この質問への答えとしては、製品やサービスそのもの(機能、品質、価格など)の優位性・製品やサービスの供給チャネルの優位性・実需家へ向けた販売促進の優位性などが即座に列挙されるが、これらは事業成功のための不変のテーマである。さらに供給が過剰状態にあるときの対応策を創出することが必要である。このリポートでは対応策の一例として、ガートナージャパンの調査データ[日本企業の約70%はITを競争優位の手段と考えている]にヒントを見出し、社外情報とBIやKMを利用した市場の動向分析を提案している。

さらに詳しく知りたい方は info _at_ ccands.co.jp までご連絡下さい。
※_at_は@に読み替えてください。


PAGE TOP