コラム3.清潔感

3.清潔感

過日、NHK教育テレビの「美と出会う」という番組で、彫刻家の佐藤忠良氏が「清潔」という言葉をあるところで使われた。それが妙に脳裏に残った。 自分に影響を与えた画家の一人として、ドガについて語られた時であった。おおよそこんな内容だったと思う。

『若い頃は、誰しもただ作品を思うがままに自然体でつくるという『清潔さ』を持っているのに、年を重ねるにしたがい、うまくつくろうと変に計算する 気持ちが出てきてしまう。しかしドガの絵には、どれにも『清潔さ』(清潔感)がある。絵に対する真摯な姿勢、そして品格を感じる。ドガの絵をみて時々自分を戒めるんです。』

「清潔感」は人それぞれの作品(仕事)の中にごく自然に溶け込んでいるものかもしれない。また、その人自身からもオーラのように醸し出されるもの かもしれない。

我々のソリューションビジネスの世界においても、人自身は当然ながら、開発したシステムにも清潔感というものが根底に必要ではないだろうか。自分自身の向上のために、CS向上のためにも、日々真摯な姿勢を忘れず、仕事に励もうと思う今日この頃である。

PAGE TOP